Leather Works Exist

拘りのレザーアイテム

ご訪問ありがとうございます。
Leather Works Exist では革を裁断~レザーカービング、手縫いによる仕立ての全ての行程をハンドメイドに拘り手作業で製作しています。
「アメリカの香りがする装い」をコンセプトにレザーカービングを施した革製品を製作しております。

カテゴリ: つぶやき

デザインフェスタで使用する什器として
塩ビパイプで作るインダストリアルラックを作成しました。

塩ビパイプはホームセンターで呼び名20径で2mmを三本と1mmと一本購入
塩ビパイプは太さの呼び名が16や20とあり、自分はしっかりとしたラック
にしたいので20径を選びました。家に設置するだけなら16径でも大丈夫そう
3本と1本で1470円

連結パーツはホームセンターで買うと高くなるのでモノタロウで購入
エルボやチーズという連結パーツが結構使います
IMG20211014203319 IMG20211014203327 IMG20211014203409

要らなかったパーツはTSフランジ
背が高くなるので安定感を増すためのパーツとして足に使おうと
購入したが組み立てたら結構安定感があり使用しなかった
IMG20211014203415

パイプをカットする為に購入したパイプカッター
IMG20211014205737 
ラチェット機能付きなのでニギニギを繰り返すと簡単にカット出来ます
結構簡単に切れるので子供に触らせると危険
遊びで指とか落としそうで怖い
IMG20211015015541 
刃がわずかにガタツキがある為、カットすると斜めに刃が入る
垂直にカット出来ず1~2mmほど誤差が出ます
わずかな誤差は出ますがサクサク切れるので時間は早いです。

マルチパイプカッターのようなパイプに対して刃をくるくる回転させる
カッターのほうが正確にカット出来るかと思いますが時間がかかりそう

IMG20211015021801 IMG20211023200712
パイプがパーツに差し込んで固定しますがパーツに入る部分は約2cm
パイプ両端2cmずつ、4cmがパーツと重なる部分になるので
設計図をよく考えて起こさないと長さ長くなったりします。
パイプの径が違えば重なり部分の長さも違ってくると思いますので
実際に測ったほうがいいです。
IMG20211024134223 

仮組した後は塗装をします。
今回は刷毛で塗装し、乾燥すると鉄のように見えるアイアンペイントを使用します。
アイアンペイントを使用する前準備としてマルチプライマーを刷毛で塗ります。
IMG20211023200906
アイアンペイントと同じターナー社から出てる水性のマルチプライマー
水性なので刷毛で塩ビパイプに塗れ、臭いもないので室内で作業が出来ます。

マルチプライマーとは塗料との密着力を高める為の下処理剤

室内で作業する為にこちらのマルチプライマーを使用しましたが
刷毛塗りなので結構時間もかかり疲れます。

野外で作業が出来る環境ならスプレー式のマルチプライマーを使用
したほうが早いと思います。

マルチプライマーを塗り、乾かしたらアイアンペイントを塗ります。
IMG20211024140006 IMG20211024141938
マットな半艶なので塗ったところがもう鉄っぽい
塗布に使用したのはスポンジ刷毛
ポンポンと叩くように塗ると粒の小さい角が立つので
鉄のざらざらとした質感が出てよりリアル
IMG20211024172842
ターナーのアイアンペイントはすごくいい
缶スプレーの黒と違い凄くカッコいい色、質感があります
これは本当におすすめですね

IMG20211113105929

で、完成したのがこちら
高さ85cm×幅140cm×奥行き33cm
板は防炎合板を載せてるだけですが安定しています。

作ってみた感想としてはマルチプライマーは2度塗ったほうが
よかったかな~?
部分部分がスレて剥がれてしまって密着が甘かったようだ。

今回、什器に掛かった費用
塩ビパイプ、パーツ、塗料など
7655円

防炎合板
5115円

合計:12770円
思ったより経費が掛かったけど、
自分の理想のサイズで作れるのは良い

防炎合板が高いけど、OSB合板などの合板で作れば
1万円以内になったと思う

重量も軽く出来たので塩ビパイプのラックはおすすめですよ~












コロナという昨今の状況で本屋に行きにくいし
欲しい本がちょっと特殊だから本屋においてあるかどうか分からない

だからネット通販で本を買ってみた。

ひとつは
IMG_20201224_171433

「BASE 120%活用術」

今使っているオンラインショップは
クリーマとBASEで

BASEの使い方bookです。

内容は前半は初見向けにショップ開設方法、

後半はショップの運営方法で主に集客の仕方や効率化としてappの紹介など

これは勉強になりますよ♪



もうひとつ買ったのが
IMG_20201207_131316

「How To Make Whips」

文字通り鞭の作り方の本です。

アメリカ・カウボーイが牛追いで使う鞭で
鞭を振ることで発生するクラッキングという音で牛を追い立てたそうです。

現在は競技化され、音を発生させるクラッキングと
狙った的を素早く当てるターゲットがあるようです。

でも全然くわしくないんですよね~
全部アメリカのユーチューブの映像で知ったので(^_^;)

特にこの人のユーチューブを見てウィップ・クラッキングをやってみたい!
と影響を受けました


この本は鞭の作り方ですが
レーシングの技法であるので他にも応用が
出来るのではと考えています。

英語は全然分からないので翻訳して実際に作成できるのは来年の後半になる??かもです。

こちらも楽天ブックスで購入しましたが
さすがにアメリカからの取り寄せだと2週間半は
かかりますね~

本の取り寄せは気長に待つしかないですね~

動物の皮を腐らないように処理を行うのが「鞣し」といい、皮→革になります。

当工房がメインで使用しているタンニン鞣しとは

お茶やワイン等、植物に含まれるタンニン剤を使用して鞣した物をタンニン鞣しと言います。

当工房がメインで使用している革は姫路の昭南皮革製のタンニンヌメ革を使用

昭南皮革では日本でも数が少ないピット槽製法での鞣しを行っています。

・ピット槽製法とは何か?

分かりやすく言えば、タンニン液のある巨大なプールに革を漬け込んで鞣すやり方で

薄いタンニン液から濃いタンニン液へと濃度を変えながら鞣す方法

浸けおきで鞣すので時間がかかり約3ヶ月かかるそうです。

他にドラム鞣し製法があり、タンニン液と皮をタイコと呼ばれる機械に入れ、一緒に回します。

イメージはドラム式洗濯機で回すようにして早く鞣すことが出来ます。

ドラム鞣しは革の繊維がほぐれ柔らかめ、ピット鞣しは浸けおきゆえに

革の繊維がほぐれずに締まっています。

繊維が締まっている革がレザーカービングに向いていると考えます

同じピット槽製法で有名なのが栃木レザーというタンナー(皮革製造企業)ですが、

これは個人の感覚ですが、栃木レザーのヌメ革はカービングした際、

刻印は入りますが繊維が締まるというより、横に逃げる感覚があり

現在は使用はしておりません。



転べば傷付き、日に当たれば日焼けし、汗をかく・・・

革はお客様一人一人の使い方によってまったく違う傷や日焼け、汗染みなど
同じ物は一つと無い経年変化、エイジングをします。

傷や日焼けはお客様と同じ時間を過ごした[存在の証]

流行り廃りですぐに捨てられるのではなくいつまでも傍に[存在]し続けること

そして、必ず訪れる朽ちて無くなってしまっても

お客様の思い出の中に[存在]すること

そんな願いを込めて[存在]という意味のExistと付けました。

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
苦手なフュギュアでイノシシを彫ってみました!
今年は苦手なことにも挑戦していきます!
6096018d.jpg

↑このページのトップヘ