過去にレザークラフト・道具集など記事を書きましたが
中途半端でしたので改めてまとめてみたいと思います。

レザークラフトを始めるにあたってどんな道具が必要か?

どれぐらいお金がかかるのか?

初心者の方は気になると思います。

道具はスターターセットで大体安い物で5000円ぐらいで購入できます。



ネットショップで工具を購入する場合、レザークラフトショップで購入してください。
たまに雑貨ショップで品質が怪しい物を販売しているところもありますので。

・切る工具
 革を切る工具としてカッターや革包丁があります。
 革が柔らかい場合は革バサミや裁ちバサミなど使用できます。
 100均のカッターは切れ味がいまいちなので止めたほうがいいです。
 下にはカッティングマットを敷きます。

 過去の記事に詳細を書いています。
 http://lwe-blog.work/archives/15872682.html

・打つ道具と縫い穴
 レザークラフトを手縫いで仕立てる際には必ず必要になるのが
 ハンマーと菱目打ち。
 菱目打ちで革に穴を空け、針と糸で縫います。
 作業する際の机は天板は厚みがあり、机自体が頑丈で重みがあり
 しっかりとした物のほうが作業がしやすいです。
 天板が薄い机ですと打撃の力が逃げて穴が開きずらいだけでなく
 音が響いたり最悪壊れます。
 昔の職人さんは切り株を作業台にしていたとう話もあります。
 
 道具についてはこちらの記事をご覧ください。
 http://lwe-blog.work/archives/15918382.html

・針と手縫い糸
 
 詳細はこちら
 http://lwe-blog.work/archives/16312677.html
 針と糸はレザークラフト用のを使用したほうがいいです。
 



・その他道具
 ・丸ギリ、菱目ギリ 
 IMG20210719165406
  丸ギリは革に目印の線を引いたり、穴を空けたり色々使用します。
 IMG20210719165603

  菱目ギリは菱目打ちで打った穴を拡張したり単体で穴を空けたりします。
 IMG20210719165516 IMG20210719165705


 ・ディバイダー
  主に手縫いの基準となる線を革に引く道具です。
 IMG20210719165752 IMG20210719165919

 ・ネジ捻
  ディバイダー同様、手縫いの線を引きます。
  違いはネジ捻は押しながら引いて革に凹みをつけ、手縫い糸が
  沈むようにして糸がスレにくくさせる狙いがあります。
 IMG20210719165852 IMG20210719165955

 ・へり落とし
  革のヘリを取る道具です
 IMG20210719170054 IMG20210719170153

 ・ヤスリ、紙ヤスリ
  革の断面、コバを整える

 ・ジコラヘラ
  接着剤を塗布する際に用いる
  ヘラ状の物で接着剤を吸い込まない素材なら
  ほかの物でも代用できます。
 IMG20210719170234
 
 ・接着剤
  ・サイビノール、白ボンド等水性系
   白いが乾くと半透明になり、臭いが少なく安全に使用が出来る
   接着する面の片側に薄く塗布し、乾く前に圧着


  ・スリーダイン等ゴム糊系
   天然ゴム系や合成ゴム系などあり、強力な接着力がある。
   接着する面の両側に薄く塗布し、乾かしてから圧着
   有機溶剤が含まれる為、使用の際には換気が必要


  ・両面テープ
   仮止めとして使用

この辺のものがよく使用する道具類になります。
ほかにも色々ありますが作成する作品に応じて順次買い足すといいでしょ。
少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット