Leather Works Exist

拘りのレザーアイテム

ご訪問ありがとうございます。
Leather Works Exist では革を裁断~レザーカービング、手縫いによる仕立ての全ての行程をハンドメイドに拘り手作業で製作しています。
「アメリカの香りがする装い」をコンセプトにレザーカービングを施した革製品を製作しております。

ツイッターでは買ったときに呟いてはいたのですが

ブログには書いてなかったので改めて。

帯漉刀はレザーマート(革の販売会社 ナカセン)と
彫刻刀の老舗・道刃物工業との共同開発

フレンチエッジャーのように、革を斜め漉き出来る道具です。

IMG_20190926_235604IMG_20190927_000703

先端の牙みたいな突起物がコバガイドになり、漉きをする際に
革のヘリに当て押し切りすると綺麗に斜め漉きが出来ます。
IMG_20190926_235625

切れ味はかなり良いですよ~、初めはスースー切れます。
軽く切れ味が落ちたら青砥で磨けばすぐに復活しますし、
より切れ味が悪くなったら付属の空磨ぎヤスリ1000番で磨くと
復活します。

また、切れ味が悪くなったらなんと!3回まで無料で磨いてくれる
サービスつき!

ただ、自分は上手く使いこなせなかった・・・

理由は2つ
・段スキするときはコバガイドが邪魔で水平に押し切れない
・刃の角度が立ち気味で座って作業する際、手首の角度が辛い

帯漉刀は横から見ると沿っている上に刃が入る角度が立ち気味
自分が立って作業すれば問題ないけど、今度は机が低い
IMG_20190927_000649

買ったのが去年(2018年)の4月頃ですが

なかなか上手く使いこなせなかったので

ちょっと試しては仕舞い込み、ちょっとは使っては仕舞うの繰り返し。

今回、長い段漉きをする箇所がありどうにか使いこなせないかな~と

考えた末、刃の角度を変えました。

レザーカービングをやる人なら必須のオイルストーン(細目)

でゴリゴリに研いだら持ちやすいし、切れ味キンキン!
IMG_20190926_235735

斜め漉きはもうスーと切れます!

段漉きはコバガイドが邪魔で上手く水平に出来ないな~
何か方法ないかな~と道具類をさばくってみつけたのが
ステッチンググルーバー!
IMG_20190927_004946

グルーバーの溝に帯漉刀のコバガイドを当てて漉くと
水平に押し切ることが出来ます!
IMG_20190927_005004

綺麗に水平に出来るのはグルーバーの溝まで
なので厚みを確認しつつ、何回かグルーバーをかけると上手く出来ます。
厚みはゲージがあると便利です
もう、これで使いこなせる道具になりました!

IMG_20190923_132137IMG_20190923_130739

結論としては自分で刃先の調整が出来る人には
コスパの良い道具と言えます。


約4年ほど前に製作したスマホケースのリメイクを行いました。
 SANY0017 SANY0019

Iphone6s 用スマホケースで長くご愛用して頂きました。
ケース内側、右側にハードケースを接着。先々のことを考え強力な粘着テープのみで固定しておりました。

SANY0036

まずは止め具部分と内側のカード入れを取ります。

内側のカード入れパーツをリッパーで解きながら、縫い穴を確認

菱目の穴はあまり大きくなっていないので、「穴はなるべく薄く」と意識していたことは

間違っていないんだなと安心しました。

SANY0032 SANY0033 SANY0038
パーツをこさえて仕立てます。ラウンドファスナーに使用するのは5号、幅広
幅が約4cmあるので縫い代に余裕が出て安心でおすすめです。

SANY0045 SANY0046 SANY0047
SANY0048

仕様は中央の小銭入れを仕切りとし、札入れが2箇所、カード入れが2箇所となっております。
また、中の仕切りやマチを使用しなければ、同サイズのスマホを入れることも出来るマルチケースとしても
活用できそうです。

リメイク後もまた長くご愛用して頂ければ幸いです。

ラウンドファスナーウォレットの修理
こちらも、約3年前に製作したものでファスナー生地の一部が外れた為、ファスナーを交換いたしました。
SANY0043 SANY0042
SANY0044
SANY0049 SANY0050
SANY0051 SANY0052













約2年ほど前に製作したアクオス用のスマホケースのメンテナンスを行いました。

樹脂製のハードケースが革から外れた為、接着し直しました。

樹脂製ハードケースもひび割れていた為、新品に交換、バネホックも故障していた為交換しました。

当工房では将来的のことを考えハードケースは強力粘着テープで固定して交換等しやすくしております。

写真は作業後の写真です。
SANY0012SANY0013 
SANY0015SANY0016

かなり綺麗なエイジングで製作者冥利につきます。

コロンブスのクリーナーを優しく塗布して汚れを取り、オイルを塗布してさせて頂きました。
 
手がよく触れる場所や汗を吸うた場所は黒くなりやすくエイジングは人それぞれ違います。
 
もし、黒くなるのが嫌でしたら、汗など水分を吸わないように革用の防水スプレーをかけたほうがいいです。 



何を食べ、何を着、何を持つのか。

物は人を構築するアイデンティティの一部であり、その一部に自分は関わっている。

だから、自分が作り出すモノはいい影響を与えるものでありたい。

大層なことでなくていい。だた持つことで気分が上がる。テンションがあがる。

そうだったらいいな。 

オンラインショップBASE(ベイス)を新たに開設しました。
以前にも一時的にBASEは利用していたのですが
アップロード等の更新作業がPCからしか出来なかったので使いづらくあまり使用していませんでした。
しかし、久しぶりにベイスのサイトを覗いたら
スマホやタブレットで利用出来るクリエーター向けのアプリがリリースされていたので久しぶりに開設です。
今までのクリーマもそのままですが
BASEの扱いやすさ次第では移行すると思います。
よろしくお願いいたします。

・BASE

https://lwexist.handcrafted.jp


・クリーマ

https://www.creema.jp/c/leather-works-exist/item/onsale


久しぶりにブログ更新です。

気が付けばすでに一ヶ月経ちます。

5月18日19日のデザインフェスタvol.49ご来場頂きありがとうございました。
Fotor_155835231766962
DSC_6567IMG_20190520_232232

早くも秋のデザイン・フェスタvol.50の出展申し込みを行い当選致しました。

いつもはだいたいSブース、180cm×90cm1ブースを使用していますが
知り合いからトルソーを頂けることになり、スペース配置を検討

トルソーの幅を40cmと想定して、自分の出入りスペースも40cm
展示スペースが約100cmとなり狭くなる・・・

なので思いきってSブースを2ブース借りることにしました。
180cm×90cm×2ブース、360cm×90cm
トルソーと自分の出入りスペースを引いても280cm!
広い!鞄類も平置きか2段ぐらいのボックスで展示しても大丈夫!
品数多くしないと(・・;)売り子さんも誰かに頼みたいな~

vol.50ではビックサイトは新設棟の南ホールも会場となるため広いし
参加者も多いこととなるでしょう!
秋もぜひ、遊びに要らして下さいね~

↑このページのトップヘ