Leather Works Exist

拘りのレザーアイテム

ご訪問ありがとうございます。
Leather Works Exist では革を裁断~レザーカービング、手縫いによる仕立ての全ての行程をハンドメイドに拘り手作業で製作しています。
「アメリカの香りがする装い」をコンセプトにレザーカービングを施した革製品を製作しております。

オーダーでi phone XR用スマホケース・フルカービングを
制作いたしました。

P1060729 (2)  P1060728 (2)
P1060734 (2)

仕様としては
フルカービングに留め具のボタン無しの仕様になっております。
ハードケースは接着ので固定しています。
機種変更した際にはラウンドファスナーコインケースにリメイクする
ことも可能です。

当工房のスマホケースのデザインは
フルカービング(18,000~)、L型カービング(13,000~)、
ヴァイン(9,000~)の三パターンがあります。

スマホケースフル合成 スマホケースL型合成
スマホケースヴァイン合成

ハードケースに合わせて制作することが可能ですので
オーダーで制作することが可能です。
ただし、i phone 11及び12はカメラ穴が大きい為
角の強度不足になり革が捲れる懸念がある為
今のところ制作予定はありません。

i pehon 11(3800)用スマホカバーがあります。
使用しているケースは背面はハードで側面はソフトの
ハイブリットケースを使用していますので
脱着しやすくしっかりホールドします。
革は2mm厚を使用、ケース側も2mmの深さがあるので
フチからフラットで革が引っかかることはありません。
タイプ①-2 タイプ②-2
パターン①          パターン②
タイプ③-2 タイプ①
パターン③

ネットショップにありますので宜しかったらご覧下さいませ


過去にレザークラフト・道具集など記事を書きましたが
中途半端でしたので改めてまとめてみたいと思います。

レザークラフトを始めるにあたってどんな道具が必要か?

どれぐらいお金がかかるのか?

初心者の方は気になると思います。

道具はスターターセットで大体安い物で5000円ぐらいで購入できます。



ネットショップで工具を購入する場合、レザークラフトショップで購入してください。
たまに雑貨ショップで品質が怪しい物を販売しているところもありますので。

・切る工具
 革を切る工具としてカッターや革包丁があります。
 革が柔らかい場合は革バサミや裁ちバサミなど使用できます。
 100均のカッターは切れ味がいまいちなので止めたほうがいいです。
 下にはカッティングマットを敷きます。

 過去の記事に詳細を書いています。
 http://lwe-blog.work/archives/15872682.html

・打つ道具と縫い穴
 レザークラフトを手縫いで仕立てる際には必ず必要になるのが
 ハンマーと菱目打ち。
 菱目打ちで革に穴を空け、針と糸で縫います。
 作業する際の机は天板は厚みがあり、机自体が頑丈で重みがあり
 しっかりとした物のほうが作業がしやすいです。
 天板が薄い机ですと打撃の力が逃げて穴が開きずらいだけでなく
 音が響いたり最悪壊れます。
 昔の職人さんは切り株を作業台にしていたとう話もあります。
 
 道具についてはこちらの記事をご覧ください。
 http://lwe-blog.work/archives/15918382.html

・針と手縫い糸
 
 詳細はこちら
 http://lwe-blog.work/archives/16312677.html
 針と糸はレザークラフト用のを使用したほうがいいです。
 



・その他道具
 ・丸ギリ、菱目ギリ 
 IMG20210719165406
  丸ギリは革に目印の線を引いたり、穴を空けたり色々使用します。
 IMG20210719165603

  菱目ギリは菱目打ちで打った穴を拡張したり単体で穴を空けたりします。
 IMG20210719165516 IMG20210719165705


 ・ディバイダー
  主に手縫いの基準となる線を革に引く道具です。
 IMG20210719165752 IMG20210719165919

 ・ネジ捻
  ディバイダー同様、手縫いの線を引きます。
  違いはネジ捻は押しながら引いて革に凹みをつけ、手縫い糸が
  沈むようにして糸がスレにくくさせる狙いがあります。
 IMG20210719165852 IMG20210719165955

 ・へり落とし
  革のヘリを取る道具です
 IMG20210719170054 IMG20210719170153

 ・ヤスリ、紙ヤスリ
  革の断面、コバを整える

 ・ジコラヘラ
  接着剤を塗布する際に用いる
  ヘラ状の物で接着剤を吸い込まない素材なら
  ほかの物でも代用できます。
 IMG20210719170234
 
 ・接着剤
  ・サイビノール、白ボンド等水性系
   白いが乾くと半透明になり、臭いが少なく安全に使用が出来る
   接着する面の片側に薄く塗布し、乾く前に圧着


  ・スリーダイン等ゴム糊系
   天然ゴム系や合成ゴム系などあり、強力な接着力がある。
   接着する面の両側に薄く塗布し、乾かしてから圧着
   有機溶剤が含まれる為、使用の際には換気が必要


  ・両面テープ
   仮止めとして使用

この辺のものがよく使用する道具類になります。
ほかにも色々ありますが作成する作品に応じて順次買い足すといいでしょ。
少しでもお役に立てれば幸いです。

オーダーメイドでライダースウォレットとベルトループを制作いたしました。

IMG20210504164212 IMG20210504164233

IMG20210504164239IMG20210504164253

今回は予算に合わせて、シェリダンスタイルカービングのデザインを
新規に起こしています。
内装は当工房で定番のカードケース六ケ所、札入れ三か所、コインケース、
隠しカードポケット二か所の仕様になっています。
革は表面は国内で数少ないピット槽なめしで作られた山陽製のヌメ革を使用
内装はグレージングヌメを使用

内側にはお客様ご希望のメッセージを入れさせて頂きました。

ベルトループはプレーンで制作いたしました。
IMG20210504163922IMG20210504163915

コンチョはお客様の所有の物を使用する予定です。

経年変化をたっぷり楽しんで頂ければ幸いです。


すでに一か月が経ってしまいましたが
5月29日30日に開催されたデザインフェスタ53に出展いたしました。
コロナ禍での開催でしたがしっかりと入口での検温、消毒をし、
皆様しっかりとマスクをしての開催となりました。

今回は青海展示棟での開催でブース数は例年の半数以下2000ブースで少なく
例年ではブースはSサイズ、Mサイズ、Lサイズ、ライブペイント、巨大ライブペイント
ショーステージがありますが
今回は会場のサイズが小さくなりブースもMサイズ・180cm×180cmとライブペイントと
小規模のショーステージとなりました。

今回で出展19回目の参加で会場が変わっての感想は
直接車での乗り入れが出来ず、会場周辺の駐車場に車を入れてからの
搬入となり、今回台車を購入しましたが、台車一つでも大分楽に搬入出来たのはよかった
IMG20210529092200

ブースの設営の備忘録として
IMG20210529121001IMG20210529121036
ブースサイズ180cm×180cm
折り畳みテーブル:110cm×70cmと40cm×65cm
二つ足して横幅150cm、30cmは通路幅

展示を平置きのみのシンプルな設営にしたのは荷物を少しでも減らす為と
木製の自作ラックが使用出来ない為。
自作で木製の什器を使う場合は防炎材を使用となっている為、どうしようかな~と
思って今回はなしにしました。

今回の平置きでの展示でも、お客さんの反応は悪くなかったのでラックありなしは
あまり関係ないのかな~とも思ってしまう。
それでもラックあったほうが目立つし、見やすくなるでしょう。

IMG20210529121011.ぼかし
直前まで開催は危ぶまれていましたが多くのお客様がご来場して楽しまれていました。
それでも、出展ブースは空きがあったりして寂しいエリアもありました。
一日目、二日目ともに午前中は多くの方がいましたが大体3時頃には人の流れが
空いてきまして5時ぐらいにはスカスカの状態になっていました。
皆様ルールを守って早めのご帰宅になったようです。

早くコロナが収まってもっとごった煮の込み具合のデザフェスになる日を
待つのみです。

次回のデザイン・フェスタは11月13日(土)14日(日)
オリンピック後で西展示棟全館で開催される予定です

以下はデザフェスで一緒にお写真を撮ってくださった皆様です
IMG20210530111658
ロボット頭さん(Twitter: )

IMG20210530144153
エコダパスさん(Twitter:)

IMG20210530160804
ペストリカさん(Twitter:@PESTRiCA








おひさしぶりです~

筆不精でどうもブログ更新をするのを忘れてしまいますね~

来る2021年5月29日、30日、東京ビックサイトで開催される

デザインフェスタvol.53に両日出展いたします。

今回でデザフェスに参加するのは19回目になります。


デザフェス出展となるといつもの西ホール全館と思われるかもしれませんが

今回は!!春海展示棟全館で開催となりますのでお間違いなく!!

今回は会場が変更にともなって出展ブースもMブース、180×180cmの

ブースサイズとなっており広々、展示方法が悩みますね~

自分のブースはBー35

df53 会場 ブース

ただ、この記事を書いている5月5日時点で東京は緊急事態宣言中で

5月末のデザインフェスタは開催されるのか微妙なところでございます。

無事に開催してほしいですが、中止か延期の場合、早めに知らせて欲しい
気持ちのあり複雑です。

みなさんにぜひ来て~と言いつらいですが来て下さると有難いです♪

おまちしております~~~




↑このページのトップヘ